安全に駆除するために|危険なスズメバチの巣は駆除しないといけない!安全に暮らす為に
駆除作業員

危険なスズメバチの巣は駆除しないといけない!安全に暮らす為に

安全に駆除するために

マスクを着けた作業員

近づかないことが大原則

アシナガバチはもともと民家の軒下に巣を作り、普段は決して攻撃的な蜂ではありませんが、不用意に巣に近づくと刺されて酷く痛みます。一方、スズメバチの仲間は山林に多かったのですが、近年では都市部でも大型の蜂の巣が増えてきています。蜂の巣があることの恐怖心からたたき落としてすぐに退治をしたいと考えてしまいますが、充分な装備もなく巣をたたき落とすと興奮した蜂に攻撃されることになります。まずは退治することよりも不用意に近づかないようにして、巣の位置を確認するようにしてください。巣の位置が判明したら、遠くから監視しながら蜂の種類を調べます。巣の場所と大きさ、および蜂の種類がわかったら、退治をするために駆除業者に連絡するようにしてください。

見積書をチェック

蜂を退治するには、蜂の種類がおとなしいミツバチのようなハナバチで巣の大きさが直径10cm未満であれば自分で退治しても良いでしょう。そうでない場合や迷った場合には駆除業者に退治を任せます。駆除業者に作業を依頼するときには、無料で行われる調査と見積もり提示を上手に利用するようにして下さい。見積もりや作業内容の説明を受けるときには、再発した時の保障やアフターサービスがしっかり述べられているかを確認してください。蜂は機械ではなく自然動物なので完璧な作業がされていたとしても、100%再発しないとは保障することはできません。1シーズン以内に再発した時には、無償で再作業がしてもらえる業者を選ぶようにしてください。