ノミの被害に注意|危険なスズメバチの巣は駆除しないといけない!安全に暮らす為に
駆除作業員

危険なスズメバチの巣は駆除しないといけない!安全に暮らす為に

ノミの被害に注意

害虫

ペットのいる家は特に危険

犬や猫を飼っている人は、日ごろからノミに気をつける必要があります。ノミに刺されると、ペットは皮膚炎などの感染症を引き起こすことがあります。そこまで深刻でない場合も、かゆみがストレスにの原因になってしまいます。そして、さらに注意しなければならないのが、人間への被害です。ノミは成虫の状態では四六時中動物の身体に寄生していますが、卵はカーペットやソファの上に落下します。孵化後は有機ゴミなどをエサにして成長し、成虫になった時点で再び動物の身体に取りつきます。その時、人間が近くにいれば人間の身体にも寄生します。ノミに刺されたかゆみは非常に激しく、しかも1週間ぐらい続きます。また、細菌の媒介者になることもあります。

見えない敵を退治する

ノミ駆除は、ペットの身体と室内との両方に対して行うことで効果が上がります。まず、ペットのノミ駆除は、動物病院等で専門グッズが手に入るのでそれを使用します。駆除効果のある首輪を装着するほか、ノミ取りシャンプーを使って定期的に身体をきれいにします。室内のノミは、燻煙剤を使用したり、ノミ駆除専用殺虫剤を散布したりして駆除します。ノミの場合、成虫は目に見えますが卵や幼虫は肉眼でとらえることが難しいので、床・ソファ・カーテンの蔭などノミがいそうな場所にまんべんなく薬剤を使います。さらに戸建て住宅に住んでいる人は、庭にも殺虫剤を散布してノミ駆除を行うようにします。これは、野良猫がノミを持ち込んで来る可能性に対処するためのものです。